目の下のクマにはいくつか種類がある|適切な方法でケアしよう

印象よくあるために

スキンケア

目の下のクマにはいくつかの種類に分類されますが、それぞれ原因によって種類が異なります。青クマには疲労や血行不良が原因で特にデスクワーク中心の仕事の方に多く見受けられますが、血流を良くすることで解消することができます。また、美容外科の治療もおすすめです。

More Detail

綺麗になるための治療

鏡を見る人

目の下のクマを解消する方法として、レーザートーニングが人気です。これは、クマの原因となっているメラニンを抑制できるレーザーを照射する施術です。術後のダウンタイムもなく、気軽に受けることができる治療です。

More Detail

タイプ別の原因と治し方

瞳

寝不足の翌日は目の下のクマが酷いということはよくありますが、加齢とともに状態がひどくなってきます。悪化してしまうとセルフケアでは治すことが難しくなってきます。目の下のクマには見た目の色によって青クマ、茶クマ、黒クマと3種類に分けることができます。青クマとは寝不足、冷え性、疲れなどから引き起こされる血行不良が原因で起こります。目周りの皮膚は顔の中でも最も薄い部分ですので血行不良の場合は血流が青く透けてみるという特徴があります。茶クマはクスミやシミ、マスカラやアイラインといったメイクの洗い残しでの色素沈着が原因です。黒クマは加齢によりたるみが影を作り出すため起こります。目が大きい人や涙袋がはっきりしている人が目立ちやすい傾向にあります。

色により目の下のクマを3種類に分けましたが、それぞれの治療法を紹介します。青色の場合は血行不良により血流が青く透けてみえることが原因のため目周りの血行を良くする対策が必要になります。パソコンやテレビを長時間見ることを避ける、時々ホットタオルで目周りを暖める軽い運動をして全身の血行を良くするといったようなことがあげられます。黒色はセルフケアや美容皮膚科での対策は難しいので、美容外科に行って原因である目の下のたるみを切除する必要があります。茶色の場合は基本はアイメイクの洗い残しがないようにきちんと専用リムーバーを使うことを心がけ、シミについては美容皮膚科でレーザー治療を行うことで徐々に改善していきます。

疲れた顔に見えがち

フェイス

疲れた印象を与えやすい目の下のクマはストレスや睡眠不足が原因で起こるものは、それらの生活習慣を変えることによって改善することができます。できてしまった目の下のクマを自力で改善できない場合は美容クリニックに相談しに行くのがベストです。

More Detail